忍者ブログ

新正弦急行広報課~A列車で行こうPCとかのブログ~

みんなのA列車で行こうPCの攻略情報やクリア後のマップ紹介を扱うブログです。一部攻略情報はA列車で行こう3D・NEOでも使えるかもしれません。

【A列車実験】駅の収入と維持費について
2017/01/31 19:52

講座・攻略記事を書くにあたって、色々と検証することがあります。
今後、これらの検証結果を実験カテゴリとして投稿していきます。

今回は駅の収入と維持費について調べたかったのですが……。
諸事情により、不完全な調査結果になっています。
ご了承ください。

検証内容

  • 駅の利用者あたりの収入
  • 駅の維持費の正確な数値

検証方法


コンストラクションモードにて、上図のようなマップを作成。
マップ内自社用地に駅を2駅建設する。
片方の駅は線路と接続詞、隣町(大都市)間で運行を行う。
もう片方の駅は何もせず放置。

検証期間は7日間。
この間、日毎の利用者数を記録する。
7日間実験を行い、4月8日の時点の今期売上・今期費用を記録。


尚、検証にあたっての条件は以下の通り。
開始年度:1992年
公共交通利用率:100%

開始年度を1992年にしたのはこの年の物価がキリがいいことと、筆者出生年度によるため。
本作は時代の経過によって物価や建設費が変動します。
1992年は資材工場Aが10億円、地上線路1マスにつき1000万円とキリがいいため採用。

実験のために運行した車両。
一般型旅客列車をベースに、耐久性を改良。

実験結果


一部実験していない駅もあるものの、概ねこんな感じ。
多少誤差はあるものの、駅利用者1人あたりの収益は法則性があるように思えます。
一応、損益分岐点も計算したのですが……。

  • 駅の種類による利用者数への影響はほとんどない
    ターミナル駅のみ若干利用者数が多いが、これは折り返しがないことによる運行頻度の差と思われる。
    今度からは発車時刻や進行方向の設定も揃える必要があるか。
  • 地上駅A・Cはデザイン・建設費が違うが、客単価に差が無い。
    もしかしたら発展への影響に差が出るかもしれないが、効率を考えれば地上駅Cのメリットはない。
    ただし、維持費の差は年365万円程度なので、趣味で決めても問題ないと思われる。
  • 高架駅の維持費が意外と高い。
    その一方で利用客あたりの収益もいいため、あまり問題ないのですが。
  • 地下駅の建設費が非常に高いのに反して、維持費はそこまで高くない。
    その代り、利用客あたりの収益は橋上駅程度。
    収益を増やすなら、主要駅だけでも地上に出して駅ビルを建てた方がいいと思われる。
  • 建設費を考えなければ、駅ビルAは1400人程度でも黒字になる。
ここまで検証した後に、ある致命的な問題点に気づきました。

駅維持費に関するもう一つの実験結果


マス数・本数を変えて駅ビルAを建設して、7日間放置したときの今期費用。
どうやら駅だけでなく、ホームの本数や長さも維持費に影響が出るみたいです。
3マス1本のときは1349人/日でトントンだが、7マス6本だと3634人/日いないと赤字……。

更に言えば、前述の調査時に駅のホームの長さを統一していなかったため、
損益分岐点の比較が成立していません
たぶん全駅5マス1本だった気がしますが、一部3マス1本だった記憶も……。

また、証券「パッチョガス」の株式優待による駅の運営費削減についても調べたものの、
実験に使用した駅が地上駅Aだったため、誤差レベルの影響しか出ず。
なんとなく客単価に対する影響はないような気もしますが、要再調査。

というわけで、以上が現時点での駅の収入と維持費についての実験結果でした。
誰か興味がある方がいたら追試お願いします。
PR

コメント

プロフィール

HN:
ゆ~たろ
性別:
非公開

忍者カウンター

最新コメント

[11/09 11/2の人]
[11/08 11/2の人]
[11/08 NONAME]
[11/08 NONAME]
[11/05 NONAME]

PR1

PR2


PC向けフリゲRPG「Regrowth ~強さ、求めた者~」
絶賛公開中です

アンケート

現在、アンケートを実施中です。

アクセス解析