忍者ブログ

新正弦急行広報課~A列車で行こうPCとかのブログ~

みんなのA列車で行こうPCの攻略情報やクリア後のマップ紹介を扱うブログです。一部攻略情報はA列車で行こう3D・NEOでも使えるかもしれません。

【めざせ交通王】プレイ日記延期のお知らせ
2017/05/10 20:24

PC版追加シナリオ「めざせ交通王」ですが、既にプレイ日記用の撮影を行いました。
ですが、先日の貨物利益のシステムの調査結果貨物輸送利益を出す新システムの発見、
及び撮影した画像も撮り忘れがあり、プレイ日記として公開できる出来ではないと判断。

管理人本業のフリーゲーム製作の方も進める必要があるため、
プレイ日記開始を延期することにします。
開始時期については、納得のいくプレイスタイルの確立と十分なストックをもって開始します。
また、記事のストックも枯渇したため、次回の更新は少し遅くなると思います。

以下、貨物輸送利益を出す新システムについて解説。


都市間輸送


隣町同士を道路で接続して、高い方から安い方へ売る。
正攻法の範疇であり、本来なら自粛する必要はないです。
そもそも何も考えずに大量に輸送すると価格が急変して、
利益が出なくなったり赤字になったりするため問題視していなかったのですが。

8個/日程度なら小都市でも価格は安定したまま。
仮に価格差が100万円の場合、800万円/日の利益。
このまま1年間続けた場合、29億2000万円の利益になります。
実際にはここまで計算通りの結果になるとは思えませんが、
価格差が小さくても複数の都市間・資源で行えば、年100億円の利益も十分に見込めます。
もっとも、事業拡大が難しいため、中盤以降の金策には向かないのですが。

株主優待+ピストン輸送


こちらは裏技に近い方法。
鳥猫運輸の株式優待「トラックによる隣街からの資源買付費用3%カット」を利用。

鳥猫運輸の株式優待を取得して、隣町との道路接続をする短い道路を敷設。
あとは、トラックを放流して資源の積み下ろしを繰り返すだけ。
資源の売却価格はそのままで購入価格は3%安くなるため、
積み下ろしの2往復で資源価格の3%の利益が発生。

上図の道路の場合、セミトラクタなら往復1時間40分、1日14往復できます。
積む・降ろすのセットを7回、2個積みで14個分。
(東)滑釜で一番高かった水産資源が751万円なので、1セットで22万円の利益。
1日やっても157万円、年間で5.7億円の利益。

この方法のすごい点は、輸送量に上限が無いこと。
同じ都市同士のやりとりなので資源価格は変動せず、変動しても黒字が出ることに違いない。
そのため、何台でも増備して利益を増やすことが可能。

ちなみに、鳥猫運輸の有用性は都市間輸送でも有用。

実際にやってみた


この2つの方法をやって1ヶ月放置した結果。
都市間輸送が3.6億円の黒字。
株式優待+ピストン輸送が6500万円の黒字。
発展した都市を走る循環バスも儲かるのですが、それを鼻で笑うような高利益を出しています。


都市間輸送のトラックを増やして、更にしばらく放置。
その結果、週に3億円を出すまでに成長。
他の部門とも引けを取らない、収益の柱となりました。

水と絶壁の間でも


鳥猫運輸の代わりに東西京鉄道の株式優待を取得すれば、鉄道でも同じことが可能。
都市間輸送の方は経路が長い上にトンネルが必要になるので難しいですが、
株式+ピストン輸送なら「水と絶壁の間で」でも初年度から年間鉄道利益100億円を狙えます。

一番資源価格が高いのは(東)朝日町の農産(654万円)。
朝日町方面は山が多く、接続も線路敷設も難しいですが、
麓地区にある狭い平地でループ線を敷設することが可能。
6両編成の貨物列車13編成を放流したところ、8月の時点で年間鉄道利益50億円を達成。

注意事項としては、隣町で資源を積み下ろし度に売上と費用が発生するため、
売上・費用共にとてつもないペースで伸びていくこと。
この時点で既に年間売上5000億円を超えていたはず。
ひっきりなしに鳴るファンファーレが邪魔だし、この方法で売上1兆円を超えるのもアレなのでプレイを打ち切りましたが。

提言:都市間輸送の是非について

まず最初に断言しておきます。
株式+ピストン輸送は微妙ですが、都市間輸送については正攻法の範疇です。
プラザ合意以前の港からの輸出やビル・マンション転がし、倉庫業と同じこと。
資金不足になりやすい初心者や、金策の為に手段を選ぶ余地のないいばらの道プレイヤーなら、むしろ積極的に勧めてもいいくらいです。

それでも管理人が納得しない理由。
それは、この方法が転売に近い行為だから。


ネットオークションの普及した現代は転売屋にとって絶好の環境と言えます。
特に被害を受けるのは、コンテンツ関連。
コンサートのチケットや限定販売のファングッズ、個人レベルでも同人誌の転売など。
本来消費者が買うはずだった物が転売屋に買い占められることで、
必要な人は買えなくなったり転売屋から高値で購入せざるを得なくなる
販売者も、本来入るはずの利益が転売屋に流れる
コンサートの場合、売れなかった転売屋のチケットの分だけ来場者数が減るため演者のモチベーションが低下する
転売というのは、これだけ罪深い行為なのです。

そんな行為を、健全な鉄道会社が率先して行っていいのか

もっとも、これも転売について考えすぎなのかもしれませんが。
貨物輸送で利益を得るのは正当な行為だし、物流業によって現代の消費社会が成立しているのは確かです。
輸送費を払っても利益が出る状況なら、自社が参入しなくても他社によって利益を吸われるでしょう。

それを踏まえても、都市間輸送によって利益を出すことに対して気が進まないです……。
納得のいくプレイスタイルを確立するまで、このシナリオのプレイを延期します。
PR

コメント

プロフィール

HN:
ゆ~たろ
性別:
非公開

忍者カウンター

最新コメント

[06/08 七士]
[06/08 七士]
[05/07 NONAME]
[05/07 七士]
[05/07 七士]

PR1

PR2


PC向けフリゲRPG「Regrowth ~強さ、求めた者~」
絶賛公開中です

アンケート

現在、アンケートを実施中です。

アクセス解析