忍者ブログ

新正弦急行広報課~A列車で行こうPCとかのブログ~

みんなのA列車で行こうPCの攻略情報やクリア後のマップ紹介を扱うブログです。一部攻略情報はA列車で行こう3D・NEOでも使えるかもしれません。

【A列車実験】列車と乗客数の関係
2017/03/07 20:10

A列車で行こうPCのシステムの要とも言える、乗客の乗降処理。
重要なはずなのに、よくわかってない部分も多いのが現状。
運賃の安い通勤形とサービスのいい特急型ではどちらが客が多く乗るか?
列車の高速化によって乗客は増えるか?

3DS版にてこれらの実験したのですが、当時のデータが残っておらず。
というわけで、改めて実験をしてみました。

検証方法


以前実験したマップを少し拡張しました。
2本以上のホームを設置し、隣町へ単線並列で接続。
マップ内の駅は偶数時0分に発車、隣町の駅にて奇数時0分に発車。

この設定で放置して、4/8 9時発の列車が到着したときの今期収入を計測。
列車毎の乗客数をカウントするのは面倒なため、今期収入を基準に考えることにします。
距離が同じなら今期収入は運賃と利用客数に比例するため、
今期収入を運賃で割ることで、利用客数を比較することが出来ます。

実験0 同じ列車を同じ条件で運行させた場合


実験開始前に、念のため同時発車で乗客数に偏りが出ないか実験してみました。
結果、1番線・2番線共に560万円弱の今期売上を計測。
どうやら同時発車を行っても乗客数に偏りはなく、またホームによって乗客数が変わることも無いようです。


念のためホームと車両数を6つに増やして再実験しました。
売り上げの多い2番線の列車と4番線の列車で8万円の差が出ましたが、これくらいなら誤差の範囲内か。

特筆すべき点としては、個々の列車の売り上げはほとんど変わってないこと。
駅の利用者数も、9000人程度まで増加していました。
常識的に考えれば、同時発車の列車が増えたところで、乗客数が増えるはずはないのですが。

仮説:列車同士で客の奪い合いになることはない

駅周辺があまり発展していなくても運行本数を増やせば乗客数の水増しは可能。
その代り、混雑時に列車を増発させても、混雑緩和効果は見込めないことになります。
鉄道会社として利益を上げるだけなら問題ないのですが、混雑緩和を目的としたプレイが出来ないため少々残念な仕様……。

実験1 異なる運賃の列車を運行させた場合


一般型旅客列車(60円/km)の他に、
新たに特急型旅客列車(120円/km)・近郊型旅客列車(80円/km)を開発。
近郊型は最高速度と加速性能を改良して、他の列車と同じ速度で運行可能にしました。


列車名 今期売上 輸送人キロ
(今期売上÷運賃)
特急型 1012万円 84333人km
近郊型 718万円 89750人km
通勤形 558万円 93000人km
今回の実験では通勤形の方が輸送量が多い結果が出ました。
ただし、実験で使用した車両は2両編成と短く、定員数が少な目。
実験時に満員マークが出たことから、定員の少ない特急型が不利に見えた可能性があり。

ちなみに今期損益で比較した場合、特急型が一番マシな結果になっています。
近郊型の赤字が一番大きいのは、最高速度と加速性能を上げた結果、運行経費が上がったため。

実験1-b 異なる運賃の列車を5両編成で運行させた場合

列車名 今期売上 輸送人キロ
(今期売上÷運賃)
特急型 1080万円 90000人km
改良型電気機関車+客車 936万円 93600人km
近郊型 770万円 96250人km
通勤形 585万円 97500人km
追加実験。ついでに機関車による客車列車(100円/km)も検証。
これでも運行当初に満員マークが出たため、正確な値ではないのですが。
これ以上どうやって実験すれば正確な数値が出るのか、わからない……。

実験2 異なる速度の列車を運行させた場合


低速・中速・高速で運行可能な近郊型旅客列車を開発。
到着が早い列車ほど停車時間が長くなり、その影響も懸念されましたが……。


どの列車も709~717万円の売り上げ。
特に早着の列車に客が集中するわけでもなく、
また停車時間が長いほど乗客が増える訳でもないみたいです。

乗客の方は目的地に着ければ所要時間は問わないみたいですが、
運行する側としては高速の列車の方が運行回数を増やせるため有利。
ただし、その分運行費用も上がるため、ほどほどにした方がいいかもしれませんが。

実験3 出発時刻を5分ずらして運行させた場合


今までは条件をそろえるために同時刻に発車させていましたが、
出発時刻を5分ずらして運行させてみました。
今までの実験結果を考えれば、早く出発する列車に客が集中するとは思えないのですが……。


……ほら、やっぱり。

まとめ

  • A列車で行こうPCの乗客は運賃・所要時間・快適さに関わらず、目的地まで向かう列車に乗る
  • 列車同士の客の取り合いは起きない。むしろ同時発車でも運行本数が多い方が乗客が増える
今回は列車で実験しましたが、たぶんバスや路面電車も同じ処理と思われます。
特にバスや路面電車は、駅と違って停留所や電停の利用者が利益につながらないため、
定員数を増やす改良を行うよりは接客設備を強化して客単価を上げた方が利益が出るかもしれません。
乗客数を増やすのは、沿線が発展して昼間でも積み残しが発生するようになってからでも遅くはないかも。
PR

コメント

1. 相互リンクのお願い

突然のメール失礼いたします。太眉と申します。
「太眉鉄道 A列車で行こう3D/neo/PC」というサイトを運営し、勾配バグの応用情報などを掲載しています。
ゆ~たろさんの「新正弦急行広報課」と「room 42」のA列車の記事を拝見しています。
シナリオの攻略の例にしたり、ゆ~たろさんが開発した街を参考にしたりしています。
よろしければ当サイトを貴サイトのリンク集へ加えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。
サイト名:太眉鉄道 A列車で行こう3D/neo/PC
URL:http://hutomayua3dpc.blog-sim.com/
管理人:太眉

2. 相互リンクのお願い

コメントありがとうございます。

ブログ「太眉鉄道」、確認しました。
勾配バグについては3DS版にて試してみたものの、元からバグの利用は好きではないためにゲーム内で使用することは少なく……。
今ある記事の中だと、トンネル横に石炭を配置したときの景観が気に入っています。

太眉鉄道からリンクを張るのは問題ないですし、相互リンクについては協力したいのですが。
現時点では記事数が少なく、ブログ閲覧者にとって有益なリンクかと言われると……。
今はまだリンクを張れませんが、今後バグ関連以外の記事(攻略・非バグ景観)などの記事が増えたら相互リンクを引き受けます。

同じA列車関連ブログとして、お互いに頑張りましょう└( ゚д゚ └)

3. 無題

まだブログを立ち上げたばかりで記事数も少ないのに、いきなり相互リンクをお願いする失礼な行為をしてしまいすみません。
また、ゆ~たろさん目線での指摘を参考にして、これから時間をかけて他ジャンルの記事を充実させて、ゆ~たろさんを始めとした閲覧者の方々が満足できる記事にしていきます。
ご丁寧なお返しのコメントありがとうございました。

プロフィール

HN:
ゆ~たろ
性別:
非公開

忍者カウンター

最新コメント

[11/09 11/2の人]
[11/08 11/2の人]
[11/08 NONAME]
[11/08 NONAME]
[11/05 NONAME]

PR1

PR2


PC向けフリゲRPG「Regrowth ~強さ、求めた者~」
絶賛公開中です

アンケート

現在、アンケートを実施中です。

アクセス解析